介護事務の仕事をする上で大切なものは利用者さんとコミュニケーションを取る事や幅広い対応力です。

介護事務のお仕事について

 

近年、需要が増える一方である介護職のお仕事ですが、その中に介護事務という仕事があります。「聞いたことがある!」という人でも、その仕事内容をしっかりと把握している人は少ないでしょう。

 

介護事務とは

簡単に説明すると介護施設で働く医療事務のような存在です。
医療事務は病院やクリニックで働きますが、介護事務は老人ホームなどの介護施設で働きます。業務としては主なものが介護保険の請求です。

 

医療保険と違い介護保険は9割が保険負担になり、利用者が支払うのは1割のみです。

 

そのため保険請求は重要な業務であり、介護事務の主な仕事です。

 

忙しく働く女性バナー

専門の知識は必要ですが、算定方法は医療保険ほど難しくはないので慣れればそれほど時間をかけずにできるようになります。

 

ですが介護事務の仕事はこれだけではありません。

 

介護事務は介護の請求書作成に加え、施設の事務作業も兼ねています。
来られた利用者さんの受付や介護サービスについてのご紹介・説明・手続きを一挙に行います。勿論電話対応もしますし、利用者さんの会計や請求書作成も行います。

 

これだけでも忙しそうに思いますが、介護事務の仕事はまだまだこれだけではありません。
施設によっては経理業務を行うこともありますし、ケアマネージャーのお手伝いをすることもあります。
利用者の介護計画を作ったり、ヘルパーの勤務状況の管理に携わることもあります。
介護に関わる備品の発注を行う場合もあります。

 

このように幅広い仕事を受け持っているのが介護事務です。
その為、介護事務の活躍の場はたくさんあるでしょう。

 

 

このため利用者さんとのコミュニケーション能力やその他雑務に幅広く対応する力が求められます。


 

介護に関わる仕事なので利用者は老人です。年配の方を敬う気持ちを大切に利用者さんが快く介護サービスを受けられる環境づくりを心がけましょう。

 

 

また介護保険の請求では間違いのない正確さが求められます。
主な収入になる保険請求に間違いがあると返戻になり、収入が次の月に持ち越されてしまいます。なので普段から注意深く見直す努力をしましょう。

 

根気があり几帳面な人ほどこの仕事に向いています。

 

 

 

介護事務の資格を取るために必要な事

 

介護事務の資格が欲しいならまずは介護事務員になるための勉強をしなくてはいけません。
そのために選べる選択肢は三つです。

 

専門学校で学ぶ方法

 

介護事務の仕事は医療事務と一緒に学べます。ですので「医療・介護事務学科」もしくは「医療・介護事務コース」を選べば資格を取得できます。

 

専門学校が「医療事務学科」としか記載されていなくても医療事務を学べば同時に介護事務の勉強もでき、介護事務の資格を取得できるので、どちらの職業にも興味がある方にはお勧めです。

 

専門学校では資格に必要な知識だけではなく、実際の職場で活用できる知識も教えてくれるので実践向きです。実習もあるので就職には有利になります。

 

通信講座で学ぶ方法

 

通信講座は短期間でぎゅっと詰め込んだ勉強をして資格取得を目指せます。

 

通いではなく自宅で勉強ができるので費用も少なくて済みますし、専門学校よりも短い期間で資格が取れるのでこの面でも費用が少なくて済みます。資格取得を安く済ませたい方、または短い期間で介護事務の資格が取りたい方はこちらがお勧めです。

 

やはり通信講座では医療系の資格が人気です。最近はアプリ求人が増えてきたのでアプリ開発系の資格が増えてきているようです。

 

すべて自力で勉強して資格を取る方法

 

専門学校の学費も通信講座の費用も要らないので必要なのは自分で揃える本やテキストや資料のみです。ですので、費用の面では一番安く済ませることができます

 

ただこの方法で資格を取得するのならそれなりの覚悟はいります。
介護事務の資格を取るための分かりやすい資料はありませんし、問題の傾向も分かりません。教わることができる講師がいないので全て自分の力で行わなければいけません。

 

そのため幅広い範囲を勉強をする必要があり、とてつもなく大変だと思います。
そういった点からあまりお勧めはできませんが、どうしても自力で学ぶ必要があるのならこの方法を選んでください。

 

このように介護事務の資格を取るために必要な事は様々です。
資格取得の難易度就職と競争率などもご紹介しているので参考にしてみて下さい。

 

看護師の就職に関する情報ならこちら(http://www.evoandes.net/)をご覧下さい。