介護事務の仕事内容がどのようなものなのかを見ていきましょう。

介護事務の仕事内容

 

介護事務の仕事内容は、事務職の中でも専門分野になります。

 

主な仕事は、介護保険の請求を国に対して行うレセプト作成です。
その他、施設の事務作業を任されることもあるなど、職場によって仕事の幅は違うようです。

 

ここでは、介護事務の資格保持者が、実際の現場でどのような作業をしているのかをご紹介します。

 

 

レセプトとは?

利用者(高齢者)が使った介護サービスを、月ごとに記入して国民保険連合会に請求する書類を作成する作業です。

 

介護保険の利用者負担額は、現在一律1割となっていますので、医療事務に比べて計算しやすいと言えます。

レセプトを作成する女性

 

この計算に関しても専用ソフトを使って行うので、実際は必要事項を入力するだけです。
とはいえ100%の正確さが求められる仕事なので、入力ミスには最大限の注意が必要です。

 

国民保険連合会への提出は、翌月の10日までに行います。

 

 

 

その他の業務

  • 利用者が負担する1割のサービス料金の内訳を算定
  • ケアプランを立てる、地域や施設のケアマネージャーのサポート。

 

レセプト業務も含めて、利用者と国民保険連合会、利用者と施設、国民保険連合会とケアマネージャーなど、橋渡し的な役割があります。

 

介護事務は利用者が正当なサービスを受けるため、各機関と連携して業務を進めていくタイプのお仕事になります。

 

具体的な作業については、就業施設によって仕事内容が違うという現状も理解しておきましょう

 

Aさん:デイサービス施設に勤務

  • 施設内の一般事務
  • 受付け業務
  • 利用者の話し相手

 

Bさん:民間運営の介護老人ホーム

  • 施設内の一般事務
  • 受付けや新規利用者への説明、ご案内
  • 入所者の所持金の管理
  • 介護補助

 

Cさん:NPO運営のグループホーム

  • 施設内の一般事務
  • 利用希望者の自宅訪問
  • 他、雑務

 

 

介護事務の仕事は、介護報酬請求業務(レセプト作成)が主ですが、施設内の一般事務も兼ねる場合が多いようです。一方、24時間勤務体制の施設であっても、あくまで事務職なので、夜勤に割り当てられることは少ないようです