介護に関連する仕事の多くは資格取得が必要となる専門職となります。

介護に関連する職業

 

介護に関連する職業は想像以上にたくさんあるものです。
また、その職種によって仕事内容が異なってきます。
介護に関連する仕事の多くは資格取得が必要になる専門職となります。

 

介護関連の職業にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

ホームヘルパー(介護福祉士)

介護関連の職業、と言われると誰しも一番最初に思いつく職業はこの「ホームヘルパー(介護福祉士)」ではないでしょうか?

 

ホームヘルパーは高齢者や障害者に対して、食事、入浴、排泄、移動などの日常生活のサポートをする職業です。

 

老人ホームやデイサービスなどの施設以外にも、介護者の自宅に訪問して介護をすることもあります。

 

資格としては「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」以上が必要になりますが、施設によっては無資格で働き始め、働きながら資格取得を目指す方法を取れる場合もあります

 

介護職員初任者研修の上級資格として「実務者研修」があります。

 

 

ケアマネージャー(介護支援専門員)

仕事内容は介護を受ける「利用者」やその家族が適切な介護サービスを受けられるように、市区町村や介護サービスを行っている業者と連携をし、一人ひとりにあったケアプランを作成します。

 

介護サービスを受ける為には必ずケアマネージャーを通さなければならない決まりがあります。
ケアマネージャーは各市区町村や、介護施設などで働いています。

 

ケアマネージャーになるには、一定の実務経験があった上で、「介護支援専門員実務研修受講試験」というテストをクリアした上で、「介護支援専門員実務研修」を受講してレポートを提出するなど、介護関連の職業の中でも上級職に当たる仕事になります。

 

 

介護福祉士

介護福祉士は国家資格の介護資格になります。

 

介護福祉士の仕事内容はホームヘルパーのような生活介助なのですが、介護のスペシャリストとして、介護現場の責任者になったり、介護者に指導を行う事が出来ます

 

資格を取得する為には、一定の実務経験を積み「実務者研修」に合格した上で受験する事になります。