専門の介護事務は、一定以上の大きな職場にならないと雇いませんが、今後は専門の介護事務を雇う施設が増えていくことが考えられます。

介護事務の活躍の場とは

老人が増え続ける高齢化社会真っ只中の今、介護事務が活躍できる施設は多いです。

 

介護に関する職場は様々な場所があり、これから先も増え続けていくことが予想されます。そして現在でも働く施設は幅広くあります。

 

まずは介護施設として有名な「老人ホーム」です。
老人ホームにも様々な施設がありまして、通常の有料老人ホームやグループホーム、介護老人保健施設や特別養護老人ホームなどで介護事務は活躍しております。

 

また要支援・要介護状態の方を自宅まで訪問して看護する「訪問看護ステーション」や寝たきり状態の方の相談を24時間体制で受け付ける「在宅介護支援センター」又は「医療機関」等の施設も介護事務が活躍できる職場です。

 

福祉施設である様々な幅広い施設で働くことができるので活躍できる場所は様々です。
主には介護施設や訪問介護サービスを行っている施設で活躍しており、勿論メインの仕事である「介護保険請求」を行っている施設に限ります。そうでなければ介護事務が存在する意味がないからです。

 

そういった職場での活躍が多いですが、これらに当てはまる場合でも介護事務を採用していない職場も多々あります。
小さな事業所であれば介護士やヘルパーが介護事務の業務を兼任することもよくありますので、一定以上の大きな職場にならないと専門の介護事務は雇いません。

 

 

このようにたくさんの職場で就職できることが約束されているわけではないため、現状の就職率は少し厳しいのですが、これから先他の業務と兼任する場合、介護士やヘルパーの負担が大きくなって行き、スムーズに業務をこなすことができないという壁もあります。
そのため、将来的には介護事務の職員を雇う施設が増えていくことも考えられます。


 

他にも「介護の人材派遣」や「福祉用具貸与事業所」という様々な職場で活躍できるので、介護事務を目指す価値はあると思います。

 

最近では介護関係の学校も増えてきており、専門知識を活かして専門学校教員になることも可能ですので、幅広いお仕事を目指せるでしょう。

 

様々な職場を想定して介護事務以外の資格も一緒に取得しておくと就職しやすいです。