介護事務の面接では、施設側の気持ちになり、自分が採用する側であればどのような人を雇いたくなるのかよく考えて面接を受けましょう。

就職と競争率について

高齢者問題などの社会問題の影響もあり、介護の仕事の需要は増える一方です。
介護士の仕事の需要は高まり介護施設では人員不足に悩まされています。
このことからも介護事務のお仕事は安泰だと思うでしょう。

 

困った女性バナー

ですが実際は違います。
介護事務の求人は決して多くはありません。

 

介護事務の資格は医療事務と同じく通信講座で簡単に取得できるようになりました。その影響で資格を取得する人が大幅に増加してしまい、供給に対して需要が追い付かない状態です。

 

介護事務というと実は資格を持っていなくても採用してもらうことができます。
以前は資格を持っている人が少なかったので資格はアピールポイントになりましたが、現在は資格保持者が増えたため資格を持っているだけでは今一つアピールに欠けてしまいます

 

資格保持者が増えたので求人が出るとすぐにたくさんの人が応募するため、就職競争率は高いです。そのことは覚悟してください。

 

 

それでも介護事務の仕事に就きたいのであれば、伴わせて別の資格を取得すると良いでしょう。


 

介護事務はヘルパーやケアマネージャーのお仕事のサポートをすることがあります。
ですので、ヘルパーかケアマネ―ジャーの資格を伴わせて取得しておけば就職に強いです。
介護の現場は一人一人の負担が重いので、すぐにヘルパーやケアマネージャーのサポートができると職場で重宝してもらえます。

 

それから経験者も優遇されます。
実際に介護事務の仕事をした経験が一度でもあれば、即戦力になると認定されますので就職に強いです。
すぐにでも業務を頼みたいと思う介護施設は多いので、そういった場合には経験者というのは大きな強みになります。

 

求人を見つけたらすぐに行動できるように事前に準備しておき、求人が出ると採用枠の奪いあいになると思いますので、できるだけアピールになりそうな所を伸ばしましょう。

⇒面接時でのアピールの仕方はこちら!

 

施設側の気持ちになり、自分が採用する側であればどのような人を雇いたくなるのかよく考えて面接を受けると良いでしょう。

 

その際は介護事務になりたいという気持ちをしっかりとアピールできるようにしてください。