介護事務管理士の資格は、通信講座で勉強して手軽に、短期で取得することができるので介護の現場で働きたい方には大変注目されています。

介護事務管理士の難易度

介護事務の資格である「介護事務管理士」は介護事務になるために絶対に必要ということはありませんが、持っていると何かと便利です。

 

資格がない場合でも採用されることはありますが、資格を取得している人と取得していない人が同時に求人に応募した場合、やはり雇う側からすると資格を持っている人の方が魅力的に思います。

 

どちらを採用するかで比べるときに資格を取得している人の方が有利でしょう。そういう面で活躍するので取得しておくことをお勧めします。

 

この資格ですが試験を受ける際の費用は5000円ととても安いです。
資格を受けるための条件がないため、どんな人でも受けることができます。
ですので年に6回ほどもある検定試験に毎回2000人以上の方が受験するという人気ぶりで資格を取ろうとしている人は多いです。
通信講座で勉強して手軽に取得することもできるため更に注目度は高くなりました。

 

喜ぶ女性画像

短期で取得できるので介護の現場で働きたいと思っている方には大変注目されています。
介護や福祉のお仕事の需要はこれから増加の一途を辿ると予測されるので、これからも人気が上がっていくことでしょう。

 

そして合格率は55%前後になっていて簡単には受からないように思えます。

 

ですが実はこの資格の難易度はそれほど高くはなく、医療事務の資格よりも低いです。
学科試験と実技試験が7割を超えると合格できるので頑張れば取れる資格です。

 

なぜこれだけ合格率が低いのかというと先ほど言ったように誰にでも挑戦できる気安さと、そして年に何度でも繰り返し受験できる気軽さの二つの要素が関係していると考えられます。これにより介護事務の勉強をまともに行っていない人が気軽に受けてしまい、このような結果になっています。

 

ですので、合格率の低さに怯まずにしっかりと介護事務の勉強に取り組みさえすれば取得できる資格なので、挑戦してみてください。

 

実技はレセプト点検レセプト作成がありますので、何度も何度も繰り返しレセプト点検とレセプト作成を練習しておくと良いです。繰り返し実践していると自然とやり方が身についてきますのでテキストを読み込んで頭で学ぶよりもずっと効果的な勉強方法です。