介護事務の転職は、積極的に求人紹介サイトを利用し、ネットの介護職専用の求人サイトを利用して介護事務に採用されるチャンスを掴みましょう。

介護事務の転職事情

増加し続ける高齢者の人数に比例して福祉施設の数は増えています。
ハローワークを覘くと必ず見つける求人が介護士やヘルパーの職種なことからも求められている職業ということは分かると思います。
求人の多い介護職に惹かれるものの大変厳しいがその割に少ない給料につい距離を取ってしまいます。

 

そんな介護職の中で最も目を惹かれるのは介護事務ではないでしょうか。
介護事務は他の介護職と違って事務職です。介護士やヘルパーのように利用者さんのお世話を焼くわけではないですし、ケアマネージャーのように専門知識がそれほど必要ではありません。
デスクワークのお仕事なので体力のない自分にも続けられるかもと少し甘く考えて転職をしようとする人がいます。

 

そのような考えで現在の仕事を辞めてしまうと後悔することになります。

 

介護職は基本的に需要と供給のバランスを見てみると需要の方がまだ高いです。
他の職業に比べて比較的就職はしやすいでしょう。
ですが需要の高い介護職の中に介護事務は含まれていません

 

介護事務は就職するには大変困難な職種です。
どの福祉施設でも介護事務を雇っているわけではなく、介護事務を雇っているのはある程度は大きな事業所であり、かつ介護事務の主なお仕事の介護保険請求業務を行っている事業所に限ります。

 

そのため介護事務を雇おうとする施設は少なく、求人の募集も少ないです。
他の職種から介護事務に転職したいと考えているのなら、その転職事情はしっかりと把握しておきましょう。後で後悔することになっても後の祭りです。

⇒就職と競争率についてはこちら

 

ヘルパーを経験する女性バナー

それから介護事務に転職したいなら介護関係の現場を経験しておきましょう

 

ボランティアでも良いので、介護士やヘルパーなどを経験しておけばそれは経験になり、採用される確率がぐっと上がります。

 

ハローワークでひたすら待っていても都合よく求人は見つかりません。

 

もっと積極的に他の求人紹介サイトをご利用しておくことをお勧めします。
ネットで検索すれば介護職専用の求人サイトもありますので、上手に利用して介護事務に採用されるチャンスを掴んで下さい。