介護事務の仕事は、高い目標を持ち責任とやりがいを感じて仕事に取り組めば、仕事を長く続けられるでしょう。

介護事務を長続きするために

介護事務を長く続けたいのであれば、まずは職場選びに気を付けましょう。

 

もし面接時など事前に聞けるなら業務内容を確かめておくと良いでしょう。
介護事務を雇う事業所はそれぞれ業務内容が違います。

基本介護事務はケアマネージャーやヘルパーのサポートをするお仕事も担いますが、事業所によってはヘルパーの職員が足らずにヘルパーと介護事務を兼任させようとしている職場もあります。採用が決まった後にヘルパーの資格を取ってくださいと言われたり、別の職員の代わりにヘルパーの仕事をさせられることも多々あります。

もともと介護事務という職種で雇われたはずなのに、ヘルパーの仕事をさせられると「こんなはずじゃなかったのに」とやる気を失ってしまうかもしれません。

 

そうなると転職を考えなくてはいけなくなる為、仕事を長く続けていく事ができません。

 

それを避けるためにも職場選びは重要です。
しっかりと業務内容を知った上で就職すれば、自分なりに納得ができるため介護事務の仕事が長続きします。

 

また介護のお仕事に興味があれば更に長続きするでしょう。先ほども言ったように介護事務の業務にはヘルパーやケアマネージャーのサポートが含まれています。
ですのでそういった職務に全く興味が無くてやりたくないと思う人はこの職業に向きません。

 

お年寄りがスキなイメージ画像

それよりもお爺ちゃん、お婆ちゃんが好きで老人を支えて助けてあげる仕事に少しでも興味がある方の方がこの仕事は長続きします。

 

介護事務は利用者の受付・会計業務も行うため老人に優しく接せられる方が向いています。ですのでそういう性質であれば、仕事にやりがいを感じることができますし、長く働き続けることができるでしょう。

 

その他にも自分のモチベーションを上げることは大事です。
何か目標を持っていれば、仕事が楽しく感じられるようになるので意欲が出ます。

 

高い目標を持ち責任とやりがいを感じて仕事に取り組めば、必ず介護事務の仕事を長く続けられると思います。