介護事務のスキルを磨き、それに加えてヘルパーの資格やケアマネージャーの資格を取得することができれば、更に職場にとってなくてはならない存在になることができます。

スキルアップや給料UP方法

介護事務になること、それは一つの目標です。
資格を取得して採用枠を勝ち取り、就職できれば介護事務としての新たな生活がスタートします。

 

ですがそこで終了ではありません。

 

 

目標はもっと高く持ちましょう。
介護事務を長続きするこつとして自分のモチベーションを上げることが挙げられます。


 

介護事務になった後も段々スキルアップして、給料や収入を増やしていく方法があります。

 

同職場で長く働き介護事務のスキルを磨いていくことも大事ですが、それに加えてヘルパーの資格ケアマネージャーの資格を取得することができれば、更に職場にとってなくてはならない存在になることができます。

 

単独でヘルパーの資格を取っている人は多いですが、それに加えて介護事務とケアマネージャーの資格を揃えて取得している方はなかなかいません。
ですので、それを取得すれば事業所からは必要な職員として大事にされるため、スキルアップに加えて給与UPができます。

 

 

ですが、これらの資格を全て取得することは困難です。

 

 

ヘルパーの資格は130時間の研修を受けてその後テストに合格できれば取得することができます。テストが不合格だったらどうしようかと考える人は安心してください。
このテストはそれほど難しいものではありませんので、よっぽどのことがない限りは合格できると考えてもらって結構です。
ですのでそれほど大変ではないでしょう。

 

ですがケアマネージャーの資格取得はそう簡単にはいきません。
ケアマネージャーの資格取得には条件があり、5年~10年以上の介護施設での経験がなければ取得することができません

 

ですので介護事務として5年以上働きつづけることでやっと資格の取得を目指す権利が与えられます。

難しい勉強

 

介護施設で働くためのノウハウをある程度知っておかなければ取れない資格であり、資格取得のための難易度も介護事務やヘルパーの資格とは比べものにならないくらい難しいです。合格率は20%しかありませんので心して勉強しなければいけません。

 

ですがそれを乗り越えると介護施設では重宝される存在になれます。収入UPも考えられますし、勿論スキルアップにもなります。
ケアマネージャーへ転職できる機会もあるかもしれませんし、そうなると更なる給与UPが狙えるでしょう。

 

介護のスペシャリストになるためにも介護関係の様々な資格を取得するようにしてください。
いろんな目標を立ててやりがいを持って働くことで自然と収入はUPしていきます。